東京日本橋に新たな大人のデートスポットが誕生!

和食とこだわりの日本酒を楽しめるジャパニーズレストラン「KINZA」が、2020年9月1日よりオープンしました。

オープンを記念したレセプションには、バチェラー・ジャパン初代バチェラーのハイスぺイケメン久保裕丈さんが来店。

インタビューとデート風撮影を通じて、久保さんが普段どんな恋愛をしているのか垣間見ることができます……!

(1)ジャパニーズレストラン「KINZA」って?

和モダンな内装の店内で、200年前の日本橋の映像とともに和食とこだわりの日本酒が楽しめるお店です。

気軽に頼めるおつまみから、旬魚のお刺身、炭火焼き、おでんなどしっかりしたお食事まで、幅広いメニュー内容も魅力。

バーエリア、ライブ感のあるカウンター席、テラス席から個室まであり、デートには最適!
本町通りと日銀通りに面した窓は全開にできるため、換気もばっちりで安心です。

(2)久保裕丈さんと楽しむ【大人デート】

イケメン、高身長、高学歴、高収入。
まるでドラマや少女漫画に出てくるような、超ハイスペック男子・久保裕丈さん。

KINZAのレセプションでは、久保さんとデートしているような気分を味わえる“大人デートショット”も。

優しそうな笑顔から、キリっとした表情まで…オシャレなレストランが最高に似合う、フォトジェニックな久保さん。

「女性とここに来るならどんな話題を振りますか?」との質問には、「食事とお酒、空間が素敵なので、ただ素直にそこを楽しみたい。肩肘張らずに過ごせるので、仲良くなりやすいのでは」と返答。

コメントもカッコ良すぎますね…!

(3)食レポも完ぺき!?「味だけではなく目で見ても楽しめる」

久保さんはディナータイムの料理を実食。
運ばれてきた料理に嬉しそうな笑みを浮かべ、器の美しさに惚れ惚れしている様子。

「料理のテンションに合わせた食器は、味だけではなく目で見ても楽しめると思いました」

「ベースが和なのに、そこに洋、中華のアクセントが足されていて今まで味わったことのない美味しさ」

「おでんのマッシュルームの香りのあとにお出汁のいい香りが続いて、食材に合わせた味の変化を楽しめます」

と、食レポも完ぺき…!
本当に非の打ち所がなさすぎて驚きです。
イケメン×オシャレな創作和食、とても絵になりますね。

こんなハイスぺ彼氏とデートしたい!

(4)久保裕丈さん特別インタビュー

そんな世の女性の憧れ、久保さんの仕事観や恋愛観が垣間見えるインタビューが公開されています。
ハイスぺ男子を攻略するヒントになるかも…?

―――これまでさまざまな会食をされてきたかと思いますが、“久保さん流”会食のお店選びにはどんなこだわりがありますか?
「どのくらい親密な相手なのかによってお店を変えるようにしています。
それこそ、初めて仕事の話をしに行く相手だと、話しやすい環境が最優先になると思いますね。
とくに個室があればなおいいと思います。
また、既に何度か食事に行ったことのある人なら、会話や食を楽しめる場所にしたいので、僕がよく行く食事が美味しいお店や予約の取りにくいお店を選ぶようにしています」

―――SNSではご自身でお料理を作ったり、高級グルメを食べたりする様子が見られますが、食に対してはどんなこだわりがありますか?
「和食が好きなのですが、日本の料理に合うお酒はやっぱり日本酒だと思うのです。
その国のお酒を選ぶと合うと思っているので、中華の時は紹興酒に合わせたり、イタリアンやフレンチならワインを選びますね。
できるだけ料理の国と合わせたお酒を楽しむようにしています」

―――様々な会社を巻き込んで事業を拡大されている久保さんですが、その仕事に対する原動力となっているものとは?
「自分の“やりたい”と思う気持ちですね。
自分のサービスで言えば、その先には、お客様と家具の付き合い方や暮らし方が変化し、世の中がもっと便利になったらいいなという思いがあります。
それらも突き詰めれば自分が“そうしたい”からやっているので、難しく考えずに自分の“やりたい”に耳を傾けています」

―――久保さんの理想のデートの誘い方について教えてください。
「自然に誘いたいので、そのためにはデートの目的地が魅力的だと誘いやすいですよね。
例えば「雰囲気のいいお店を見つけたから」「今度新しくできたあそこに行ってみよう」みたいな。
目的地が素敵なところだと、それをきっかけに誘いやすくなると思います。
まさに今日みたいなお店は、すごくデートにいいと思いますね」

―――普段デートされる際に「これだけは欠かさない」といったデートのこだわりはありますか?
「無理をしないことです。
もちろん相手の人に喜んでもらいたいということは大前提ですが、そこで背伸びしすぎるとボロが出るだろうし、自分らしさを出しきれなくなってしまうと思うので。
デートは本当の自分を知ってもらう場なので、そこで等身大の自分をしっかり見せていくことは欠かせませんね」

―――久保さんが思う、ご自身の恋愛スイッチが入る瞬間はどんな時ですか?
「すごく丁寧に仕事している姿を見たときに、スイッチが入ります。
仕事が大変そうな時に忍耐強く頑張っていると、とくに惹かれますね。
仕事を前向きに頑張れている人や、自分の生き方を楽しんでいる人を見ると恋愛スイッチが入りやすいです」


流石、25名の美女に取り合われた最強の男。
そのハイスぺっぷりに圧倒されました。
さらに、インタビューの随所から女性への優しさや細やかな心遣いを感じますね。

ジャパニーズレストラン「KINZA」が気になった方は、ぜひ恋人を連れて三井二号館へ!

(恋愛jp編集部)