(2)具体的なデートを想像させる

忙しくてなかなか会えない相手なら、デートを誘うことも難しいですよね。
負担に思われたくないからと、デート話しを避けるようにしている人も多いかもしれません。

それよりも、「忙しいのが終わったらどこに行きたい?」と、具体的なデートプランを練ったほうが効果的。
行ってみたい場所や食事をするところなど細かく決めることで、想像しやすくなり、お互い楽しい気分になりますよ。

(3)LINE通話をする

文字のやり取りよりも、声を聞いたほうが「会いたい」欲は高められます。
メッセージばかりが多い人は、たまには通話をしたいと伝えてみて。

直接話したほうが感情も伝わりやすいので、お互いを感じることができるもの。
そのままデートの話に発展するかも!

(4)「会いたい」ことをストレートに伝える

素直に伝えられる人は、「会いたい」ことをストレートにLINEしてみて。
「会いたい」と言われて嬉しくない男性はいないもの。

お互いの忙しさは分かっていたとしても、「会いたい」や「寂しい」と伝えたほうが気持ちは伝わります。
ただし、怒ったふうに伝えたり、責めたりすることはNGですよ。


会えない寂しさを不安としてぶつけるのではなく、相手が会いたくなるLINEをするほうが効果的です。
色々な事情で会えないこともあるとは思いますが、我慢するよりも「会いたい」と分かるほうが男性も嬉しいもの。

LINEを上手に活用して、男性の会いたくなる欲を刺激してみて。

(恋愛jp編集部)