好きな人の前に立つと、普段通りにしようとしても、ドキドキしてしまうものですよね。
そのせいか、いつもはやらないような発言や仕草をしてしまうこともあります。

とくに男性は、自分の気持ちが行動に反映されやすい生き物だと言われています。
では、男性が本命女子だけにする「無意識な仕草」には、いったいどんなものがあるのでしょうか?

(1)目をそらしてしまう

男性は視覚からの情報を重視する傾向にあるため、好きな人のことを見ていたいという衝動が強いと言われています。
しかしその一方で、周囲の人に「あなたが好き」だとバレることを恐れている、臆病な一面も持っています。

そのため、つい本命女子の方を見ては、目をそらすといった仕草をしてしまうようです。

(2)本命女子に近づいてしまう

多くの男性は、本命女子のことについてもっと知り、そして守りたいという気持ちを持っています。
そのため、その人の近くをキープしようと、身体が勝手に動くのです。

これは「彼女に近い場所」という意味合いだけではなく、彼女が行きそうなスポットや、彼女とよく会う人のもとへも、自然と足を運ぶようになってしまうんだとか。

(3)手で何かを弄ってしまう

本命女子に対して好かれている自信がある男性は、その人へ積極的にアプローチしようとします。
一方でその自信がない人や、シャイな性格の人は、好きな女性を前にするとどうしても緊張してしまいます。

そういった男性は緊張を和らげるために、手に持ったものを弄ってしまうんです。
スマホや服の裾、髪の毛などをしきりに弄る男性が居れば、それはあなたに対して緊張しているのかも。

(4)早口になってしまう

好きな女性を前にすると、男性は脳内を一気に回転させて、その場を盛り上げようとします。
その結果、何から話していいのか分からなくなり、言いたいことを一気に発言してしまうことがあるようです。

またその逆で、頭が真っ白になり、何も言えなくなってしまうこともあるんだとか。


好きな人の前だと緊張するという心理は、男女共通の感覚です。
だからこそ、無意識に出てしまう仕草は、その人の本心を表しています。

あなたの周りの男性に当てはまるか、ぜひ観察してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)