今回は、口下手な男が「本当に好きな人」にしかしないことについて4つご紹介します。
一見狙われている雰囲気がなく、好いてくれているのかわからなくても、実は男性は気持ちを伝えようと頑張っているのかも。

気になっている彼が口下手という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)LINEを続ける

好きな人とは、少しでも連絡を取っていたいと思うものです。
とくに話すことがなくても、『おはよう』や『今日こんなことがあったよ』など、なんとかしてLINEを続けようとします。

文面が短くても返すスピードが遅くても、なんとなくLINEが続いているなら脈ありの可能性が高いですよ。

(2)男らしさアピール

車で送り迎えをしたり、デート代は全て出すなど、頼りになることをアピールします。
男性からするとアピールするせっかくのチャンスなので、遠慮して断ってしまうのではなく、とびっきりの笑顔で『ありがとう』と伝えてくださいね。

ただ、奢られるのが当たり前と思っていると男性は引いてしまうので、適度なさじ加減が大切です。

(3)2人きりで会いたがる

グループで会うと、他の男性と話している姿を見てやきもちを焼いてしまいますし、かといって口下手なので奪い返す自信もありません。
そのため、安心して話せるように、2人で会おうとする傾向が強いです。

言葉で好意を伝えられない分、行動でわかってほしいと願っているのかもしれません。

(4)約束を守る

基本的にデートの日程や時間は守ります。
忙しいという理由で何度も何度もドタキャンされるのは、あなたの優先度がかなり低いと言えるでしょう。

また、好きな女性に対してはついつい甘くなってしまうので、女性が少し遅刻したくらいでは怒りません。


今回は、口下手な男が「本当に好きな人」にしかしないことについてご紹介しました。
言葉が少なくても、行動や態度でどう思っているかはある程度判断できます。

ぜひこの記事を参考にして、彼の好意を見極めてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。