恋愛をオープンにする人、恋愛が苦手な人、様々ですよね。
時には、恋や人付き合いに疲れたりして、「たまにはのんびり一人の時間を楽しみたい」なんて思ったことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、映画『私をくいとめて』より、
おひとりさまプロ診断をご紹介します!

本作の主人公は、脳内に相談役【A】を持つ、31歳おひとりさまOL、みつ子(のん)。
悠々自適におひとりさまライフを満喫していたみつ子が、年下営業マン・多田くんと出会い、うっかり恋をしてしまう物語。
20代の頃のように勇敢に恋と向き合えなくなってしまったみつ子のもどかしい現実が描かれています。

そんな「わかりみ深すぎ」なストーリーや設定に、SNSでは「おひとりさまを満喫する主人公みつ子の日常に共感する」
「本当にわかりみが凄すぎた……」「みつ子に超共感。途中から私かな?と思ったくらい」と共感の声が続出中の話題作なんです。

今回の診断企画では、みつ子への共感度合いから、あなたの【おひとりさま】レベルが10秒でわかっちゃうかも?

▼チェック項目

(1)悩んだり困ったりすると、ついつい脳内の自分に相談しがち。

(2)「恋は健康に悪い!」と感じたことがある。

(3)万が一フラれた時の【死に値する大ダメージ】を考えると、なかなか恋への一歩に踏みだせない。

(4)「おひとりさま」でもアクティブに、臆することなくなんでも楽しめるほうだ。

(5)我が家は「城」だ!お出掛けも好きだけれど、お家でまったり過ごす時間も大切にしたい。

(6)カフェに行くとつい隣のお客さんたちの会話を盗み聞きしがち。

(7)自分を「ご機嫌」にさせる方法を知っている。

(8)一人映画、一人カラオケなど「ソロ活」は余裕で出来る。

「〇」のほうが多い人

おひとりさまプロ度:達人

みつ子の言動に「わかりみ深すぎ」ポイントが多かったアナタ。
おひとりさまであろうとなかろうと関係ない!

自由気ままになんでも楽しめる、みつ子に負けない「おひとりさま力」は、あなたにとって最大の武器になるはず。

「〇」「×」が同じ数