先輩から愛される後輩になるには、普段の会話の中でとくに言葉遣いにはしっかり注意しておきたいところです。
言葉遣いは、自分自身の印象に大きく影響するポイントになりますよ。

そこで今回は、愛される後輩になる方法の「言葉遣い編」を解説していきます!

(1)「すごい」「やばい」などの発言を繰り返さない

愛される後輩になるためには、ある程度しっかりとした言葉遣いを心がけたいところ。
そのため「すごい」「やばい」などの抽象的な言葉ばかりだと、先輩にも正直ドン引きされてしまうので要注意。

「なんだかまだ学生みたいな後輩をもったな……」と思われてしまいます。
子どもっぽい言葉遣いは卒業して、できるだけ語彙力はアップさせていきましょう。