(2)一緒に帰ろうのお誘い

お家に一緒に帰ろうと言っているだけですが、このお誘いに嬉しさを感じます。
付き合っているときを思い出すなど、気分もルンルンに♪

1人で帰るより、一緒に帰るほうが楽しいです。
また、帰る間だけではありますが、2人だけの時間が取れるのも◎

グチや今日あった出来事をゆったり話す時間がお互いにもてますよ。
夫婦になると、こういった機会は減ってしまいます。

定期的に一緒に帰る日をもつのも悪くないかもしれませんよ。

(3)温かい料理がテーブルに並んでいる

仕事を終え、お家に帰ったとき、温かい料理がある状況は幸せそのもの。
お腹もペコペコではありますが、何より待っている人がいることが嬉しいのです。

当たり前なことではないからこそ、幸せを噛みしめられます。
連日疲れている姿が見られる場合、旦那さんの好きなものを作るのもいいでしょう。

あなたのおいしい料理で、元気をチャージできますよ。

(4)声かけなしも優しさ

声をかけるのももちろんですが、無言も優しさのひとつに。
疲れすぎれば、返事をするのも大変なこともあります。

そのときは最低限の言葉以外かけず、放っておいてあげましょう。
寂しい感じもしますが、これも気遣いの1つです。

「これはそっとしておこう」と感じたら、静かに見守ってあげましょう。

近くにいるからこそ、できる気遣いがあります。
旦那さんの気持ちを察し、その状況にあった気遣いをしてあげましょう。

(恋愛jp編集部)