気になる男性とのLINE、嬉しい反面どのように返せばばよいか迷うことも多いですよね。
考えれば考えるほどわからなくなって、返信に迷ってしまうもの。

またLINE電話は、気になる男性や彼氏をドキドキさせたいですよね!
そこで今回は、「LINEの返信」と「LINEの電話」で使える、相手をドキッとさせる小技を紹介していきます。

(1)返信に困ったとき

「そうなんだ」以外返信しようがない内容のときがありますよね。
しかし、「そうなんだ」と返せば、興味がないように思われたり、ラリーが続かないことも……。

そんなときは、相手の言葉を繰り返してみて。
たとえば、「仕事忙しくて」なら「仕事忙しいんだね、お疲れさま」、「〇〇にハマってて」なら「〇〇ってハマるほどおもしろいんだね」というふうに返信すると、理解してくれていると感じますよ。

(2)返信し忘れていたとき

忙しくて後で返信しようと思っていた、またどのように返信するか迷っているうちに時間が経ってしまった。
このように、返信し忘れていたと気づいたとき、相手に悪い印象は与えたくないですよね。

そんなときは、「返信こないなと思ってたら、送られてなかった」と送ってから返信内容をプラスしてみて。
LINEを待っていたこと、故意にスルーしていたわけではないと伝わりますよ。

(3)返信でドキッとさせたいとき

気になる男性とのLINE、ドキッとさせたいですよね。
そんなときは、彼からLINEがきたときに、「私も〇〇くんにLINEしようと思ってた」と返信してみて。

シンクロしている感じや、自分のことを考えてくれていたことがわかりドキッとするもの。
ただし、多用できないので、ここぞというときに使いましょう。