夫婦仲が危機を迎えるまえに、普段から気をつけておくべき危険信号というものあります。
そんな『夫婦の危険信号』に気がつくことができれば、いざというときに役立つでしょう。

今回は、夫婦間の非常事態を避けるために気を付けたい『夫婦の危険信号』を4つ見ていきましょう。

(1)会話が少なくなる

普段から夫婦でゆっくり会話をする時間を持つことは、非常に重要なことです。
会話が少なくなるというのは、相手への関心が薄れている時のサインといえます。

何気ない会話や話題、ささいな口論でも、お互いを理解するために重要なことだと普段から意識するようにしましょう。