(2)食事の用意をしてくれた時

家事分担をする夫婦が多くなったとはいえ、食事は女性が用意する家庭が多いと思います。
食事は毎日欠かさず必要なことのため、休みがなく負担に感じる人も多いです。

休みの日など、夫が食事の用意をしてくれると、嬉しくて幸せを感じるもの。
さりげなく家事を手伝ってくれることに、大切さを実感します。

(3)愛情を感じた時

結婚すれば、お付き合いしていた時ほど愛情を伝え合うことが少なくなりますよね。
しかし、愛されている実感がなければ、不安になることもあります。

「好き」や「愛している」、「いつもありがとう」など言葉で伝えてくれると大切にされていると実感するもの。
また、好きなデザートやお花など、ちょっとしたプレゼントでも愛情を感じられ、夫を大切にしたいと強く思います。

(4)看病をしてくれた時

病気の時は心細く、不安な気持ちになるもの。
そんな時に夫が献身的に看病してくれると、大切な存在だと実感します。

普段は見逃してしまいがちな優しさも、しっかりと受け取れるので、改めて夫のありがたさを感じるもの。
病気の時に放っておかれることほど不安なことはないので、しっかりと妻に寄り添ってあげてください。

結婚すると毎日が日常になり、相手に感謝することも忘れがちになりますよね。
いつも一緒にいるからこそ、それが当たり前になってしまうことも……。

お互い言葉では大切なことを伝えていないかもしれませんが、大切に思い合っていることを忘れないようにしてくださいね。

(恋愛jp編集部)