読めそうで読めない歯がゆい漢字。
ぜひ社会人なら知っておきたい漢字のひとつです。

覚えると、さまざまなシーンで使うことができますよ!

(1)「予て」の読み方

よく目にする漢字のひとつではないでしょうか。
しかし、「予」として使うことは多いものの、「て」が入れば読めないことも……。

見ているからこそ、サラッと読みたいものです。
「予て」は「かねて」と読みます。

「かねて」だけであれば、たくさん聞いたことがあるでしょう。
もうこれで忘れることはありません。
(『広辞苑』より)