日常的に使う機会がない言葉は、読み間違えてしまいがち。
中でも読み間違いが多いのは、「間隙」という漢字。

簡単そうに見えて実は少し変わった読み方をしますので、この機会にチェックしてみましょう。

(1)「間隙」の読み方

「間隙」は「かんすき」と読み間違えてしまう方が多い漢字です。
そのまま読むと間違っていないのですが、実は「かんげき」と読みます。

「隙」という字は「げき」と読めるのです。
「隙」の読み方さえ把握しておけば、すんなり読めるでしょう。

(『広辞苑』より)