お互いの顔を見ながら会話ができる、LINEのビデオ通話。
一見メリットが大きいように見えますが、思わぬ落とし穴も存在します。

さっそくビデオ通話のNG行為に密着して、不測の事態に備えておきましょう。

(1)エフェクト機能の使いすぎ

LINEのビデオ通話には、美肌加工や輪郭補正といったエフェクト機能が備わっています。
相手に自分をよく見せたいという気持ちはわかりますが、過度な加工は実際の顔とのギャップが生じやすいです。

エフェクト機能に頼らずナチュラルに振るまった方が、会ったときに相手から好感を持たれやすいかもしれませんね。