あなたはこれからどんな恋をしたいと思っていますか?
結婚に繋がるカッチリした恋?

それとも、ひとときの楽しみを共有する恋?
どの星座が彼に一途に恋するタイプなのか、早速見ていきましょう。

6位 いて座

狩人の星、いて座は非常に情熱的でエネルギッシュです。
狙いを定めた相手にはとことん一途、熱烈に愛情を表現していきます。

ただ、自分が疲れたりストレスを覚えたりするようなやり方は好みません。
また無理な理想を押しつけられたり、あるいは束縛されたりするとすぐ熱が冷めてしまいます。

いて座の一途さは長続きしないのです。
ただ、いつも自分をドキドキさせ、夢中にさせてくれるような魅力的な相手なら、話は別。

ずっと初心のまま、フレッシュな愛情を保った恋人同士でいられるでしょう。

5位 おうし座

安定性を愛する星座、それがおうし座です。
おうし座の人々は、あたたかな家庭や満ち足りた衣食住こそが幸せの土台だと考えていることが多いです。

ですから、必然的に自分のパートナーは大切にする傾向があります。
でも、おうし座の基準はあくまで自分で、人に合わせることが自分の幸せだとは考えていません。

相手と考えが違ったときにはしっかり自分の意見を主張します。
誠実ではあるけれど、尽くすタイプというわけでもないのです。

4位 おとめ座

おとめ座さんは、真面目で堅実な恋愛を好みます。
パートナーとは穏やかで安定した関係性を望み、危うい相手を自ら選ぶこともありません。

特におとめ座同士のカップルだと、付き合いたてでもまるで熟年夫婦のような落ち着き具合です。
必然的に交際は長続きする傾向にあり、結婚に繋がることも多いでしょう。

面倒見がいいのもおとめ座の特徴で、せっせと相手の世話を焼き、一途に尽くします。
「乙女」というより「お母さん」という印象を持たれるかもしれませんね。