誰でもが一度はなったことのある現象の「吃逆」。
赤ちゃんでもなりますが、一体なんと読むのでしょうか。

もしかしたら、医療関係の人は読めているかもしれません!

(1)「吃逆」の読み方

これが起きると、少々イライラすることもあるでしょう。
読み方は「しゃっくり」と読みます。

一度なれば、大変厄介な現象です。
しゃっくりを止めるのに、驚かしたり、息を止めたりなど苦労しますよね。

違う読み方としては、「きつぎゃく」になります。
きっと、きつぎゃくと言われても一般の方はピンとこないでしょう……。

この漢字は主に医学書で登場する漢字になるため、一般的には目にすることはないでありません。
ただし、知っておくと大変物知りにみられるでしょう。
(『広辞苑』より)