(2)「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと言える

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるとおり、たとえ身内相手でも感謝と謝罪の気持ちを言葉に出すのは大切です。
しかし、結婚生活が長くなればなるほど、いつのまにかその言葉を忘れてしまいがち。

妻に「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に言える夫は、魅力的に感じます。

(3)自分磨きを忘れない

自分磨きは、年齢関係なくおこなって損はありません。
容姿だけではなく、スキル面や内面など自分が成長できそうな部分も伸ばすことで、さらに魅力的な男性になれます。

向上心がある夫は、妻から見ても誇らしく素敵に見えますよ。

(4)妻の両親に優しくしてくれた時

お互いの両親とよりよい関係を築けるかどうかも、結婚生活がうまくいくかどうかのポイントです。
自分の両親ばかり構う夫は、「言いなりなんだな……」と呆れる妻がほとんど。

逆に、妻の両親への心遣いも忘れない夫は、「デキる夫」という称号がもらえますよ。

夫を魅力的に感じる瞬間は、なにか比較対象があったり目に見えた変化があったりした時に気付きやすいようです。
いつまでも妻に好かれる夫になるためには、ただ家族のために稼ぐだけではなく、自分の魅力を底上げできるなにかにチャレンジするといいでしょう。

(恋愛jp編集部)