(2)「魘される」の意味

怖い夢を見たことがない人などおそらくいないのではないでしょうか。
悪夢を見たら、目撃した人から「魘されていたよ!」と教えられることがあります。

「魘される」とは「怖い夢などを見て、無意識に苦しそうな声を立てる」という意味です。
(『広辞苑』より)

(3)「魘」を使った熟語

なんだかおどろおどろしい「魘」という漢字。
他の漢字と組み合わさって熟語となっても、ネガティブな意味にしかならなさそうです。

「魘」を使った熟語にはどんな漢字があるのでしょうか。
たとえば、恐ろしい夢を見て魘されることを漢字2字で「夢魘(むえん)」と表現できます。

さらに「魘魅(えんみ)」という熟語があるのですが、「妖術で呪い殺すこと」という恐ろしい意味になるのです。
(『広辞苑』より)

魅力の「魅」と合わさることで少しは意味も柔らかくなるのではと期待したがとんでもない!

さらに恐ろしい意味になってしまい、「魘」という漢字のもつ陰の力に衝撃を受けました。
読めたらスゴいけど、「魘される」という漢字を見るたびに嫌な気持ちになりそうです。

(恋愛jp編集部)