(4)体調や帰路を心配するLINE

夫の体調を心配するのは妻として当然のことです。
相手の様子を伺いながら直接ねぎらうのもアリですが、LINEで「今日も無理しないようにね!」など形に残しておくのもおすすめ。

また、風が強い日や雪が降った日の帰り道は、「気を付けて帰るんだよ!」と帰路を心配するLINEを送ると、夫に気遣っていることが伝わります。

(5)「美味しいご飯作って待っているね」

仕事も終了時刻が近づくと、空腹を感じるもの。
妻がご飯を作って待ってくれているとなると、俄然やる気が湧いてくるものです。

男性を喜ばせるなら胃袋をつかめという言葉どおり、食で訴えかけてみると、男性はパワーを発揮してくれるかも。

(6)家族の写真を送る

LINEを送るときには、お子様やペットも一緒に映った家族写真を添えるのもいいでしょう。
受け取った旦那様は家族の写真に癒されて、仕事の疲れも吹き飛ぶはず。

加工アプリなどを使って、写真そのものに手書きメッセージを書くのも素敵です。
ちょっとした手間に愛情が込められているのを感じ、旦那様も喜んでくれるでしょう。

妻からのキュン死LINEは、そう甘々とした内容より日常的に夫を想っていることがわかる内容のほうが気持ちが伝わりやすいです。
いつまでも夫とラブラブでいられるように、LINEの内容にも気を付けていきましょう!

(恋愛jp編集部)