人間の体は、すべて漢字で表すことができます。
今回は、体の一部である「鳩尾」をご紹介。

ここをやられると気を失ってしまうほど、非常に大切な部位です。

(1)「鳩尾」の読み方

「鳩」に「尾」であることから、鳩のしっぽのことを指していそうですが、違います。
鳩という字を使ってはいるものの、鳥の名前ではありません。

この漢字は「みぞおち」と読みます。
漢字からは想像もつかないため、非常に難読漢字といえるでしょう。

ほかにも、「きゅうび」や「みずおち」とも読みます。
ちなみに、みぞおちは「心窩」「水付」という字でも表すのです。

医療では「心窩」を使います。
(『広辞苑』より)