(2)「靠れる」の意味

「靠れる」とは、よりかかる。それを支えとして身を斜めにするという意味です。
何かに靠れる際は、こちらの意味を使います。

一方、「靠れる」には、食物がうまく消化されず、胃の中で溜まる。また、そのために胃が重く感じるという意味も。
同じ「靠れる」でも、物などに対しての「靠れる」と胃の中で起こる「靠れる」では、意味もイメージも異なります。

(『広辞苑』より)

(3)「靠れる」の由来

「靠れる」は、持つに受身の助動詞「れる」が付いてできた語です。
助動詞をつけることで、持つに対し意味ある言葉となります。

イスやソファ、壁などが人を持つ。
人はイスやソファ、壁などに支えられ、持たれている(靠れている)感じになります。

支える・持たれる関係性がよくわかる漢字です。
(『広辞苑より』)

(4)「靠れる」の類語や言い換え

「靠れる」にも類語や言い換えがあります。
「寄りかかる」「体を預ける」といった言葉が「靠れる」に該当。

「寄りかかる」は、身体の支えとしてつかまる。もたせかける。もたれかかるといった意味があります。
「体を預ける」は、体を、もたせかける。また、相手のなすがままにするといった意味に。

「靠れる」と一緒に覚えておきましょう。

(『広辞苑』より)

ひと言でもたれるといっても、意味はさまざま。
物に対し靠れることもですが、人に対して靠れることも大切です。

ぜひ靠れた際、この漢字を思い出してみてください。

(恋愛jp編集部)