今回は、同じ漢字がたくさん並んだ難読漢字をご紹介。
同じ漢字でできた漢字は多くありますが、この漢字は見る機会も少ないです。

さっそく読み方や意味などをみていきましょう。

(1)「磊磊」の読み方

6つの石で表すこの漢字。
いっそのこと「いし」と読みたいところですが、そうは読みません。

これで「らいらい」と読むのです。
「らいらい」と読むと、「磊磊」より「来来」を思い出すでしょう。

ちなみに、石3つの磊だけであれば、「らい」と読みます。
同じ漢字からできている漢字は、読めるだけでカッコイイですよ。

(『広辞苑』より)