男性はお節介だなあ!と思いながらも、実は妻のお節介に救われることもあるのです。
愛情を感じて嬉しくなってしまうことも……。

そこで、余計かなと思っても送るほうがいい「妻からのお節介LINE」について解説します。

(1)誰とどこで飲むのか詳細を聞く

妻だって夫の飲み会が多いと、誰とどこで飲むのか詳細が気になってしまいます。
「もしかして浮気されている?」なんて、信頼が揺らぐことも。

男性としても、多少なら心配されることは嬉しいでしょう。
関心がない様子で放っておかれるより、少しの心配はしても喜ばれるかもしれません。