(2)「雀斑」と紫外線には大きな関係性が

皮膚が紫外線にあたることによって、「雀斑」がどんどん作られていきます。
そして色素がますます濃くなってしまうのでケアが必要です。

ここまでで、「雀斑」の読み方がわかったのではないですか?
次に読み方について解説するので答え合わせといきましょう!

(3)「雀斑」の読み方は?

「雀斑」の読み方は「そばかす」が正解なのですが、合っていましたか?
雀の羽根にある斑点に似ていることから「そばかす」とつけられたのでしょうか。

想像はできても、「雀斑」という漢字から「そばかす」という読みはひらめきません。
もう意味についてはわかった人も多いと思いますが、以下で解説していきます。
(『広辞苑』より)

(4)「雀斑」の意味について

「雀斑」の意味は、「人の顔面などにできる茶褐色の小斑点」のことなのだそう。
そばかすは「蕎麦滓」という漢字でも表せ、意味はそばの実の殻のことです。

この「そばの実の殻」に似ていることから「そばかす」といわれています。
(『広辞苑』より)

「雀斑」とは女性のお肌の悩みである、あの「そばかす」のことだと判明!
増やしてしまわないために、日焼け止めなどで徹底的にケアしている女性もいますよね。

「そばかす」はお出かけ前には嫌でも意識する言葉なので、すぐに覚えられそうな漢字ですね。

(恋愛jp編集部)