日常的に使う機会は少ないけれど、読めたらかなり鼻が高い!
そんな漢字が、日本語には多くありますよね。

そのうちのひとつである「迸る」という漢字の読み方をご紹介いたします。

(1)「迸る」の読み方

「迸る」という言葉を、正しく読むことはできますか?
目にする機会も少ない漢字は、読めなくても仕方がない……と思ってしまう傾向にあります。

そのため、サラリと読める方はかなりの勉強家だといえるでしょう。
「迸る」の読み方の正解は、「ほとばしる」です。

「迸」の読み方が少し難解ですが、一度覚えてしまえば今後はスムーズに読めますね。
(『広辞苑』より)