読めそうで読めない漢字がほとんどの難読漢字。
そんな難読漢字である「輔ける」が、今回のテーマです。

なんと読み、どんな場面で使うのか、さっそくみていきましょう。

(1)「輔ける」の読み方

「輔」だけであれば、名前でよくみる漢字ではないでしょうか。
「輔」は「すけ」と読みますが、「すけける」ではありません。

これは「たすける」です。
「助ける」と同じ読み方をしますので、これでもう忘れませんね!

(『広辞苑』より)