(2)言葉足らずが原因で

LINEはサクサクとやり取りができる分、感情が伝わりにくいです。
ときには勘違いをしてケンカへと発展してしまうことも……。

夫の考えがわからない場合はいきなりとがめるのではなく、確認を取るとよいかもしれませんね。

(3)頼み方が原因で

ぶっきらぼうな口調で頼み事をされて、カチンときた経験がある人は数知れず!

こちらの都合を無視するようなLINEに、苛立ちを覚えるのは当然ですよね。
疲れや忙しさなど、余裕のないときに限ってこういったLINEが届きがちです。

(4)簡単に済ませたことが原因で

2人にとって大切な行事を、LINEで簡単に済ませようとする夫。

「おめでとう」「これからもよろしく」と簡潔な文章で言われても、心に響かないですよね。
行事に関する価値観は男女の間で大きな差を生むことが多いので、事前に釘を刺しておいた方がよさそうです。

LINEで勃発した、ありがちな夫婦ゲンカのエピソード。
文章はときにあらぬ誤解を生んでしまうため、要注意です。

便利で気軽なツールだからこそ、小さなことにも配慮が必要なのかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)