(2)給料のこと

生活費のことで、給料についてのLINEをすることがありますよね。
このとき、給料が少ないことや自分との給料の差を伝えるのはNG。

男性にとって、仕事はステータスの一部と考える人も多く、給料が少ないと匂わせる言葉は傷つきます。
生活費のやりくりが大変で伝えたくなるかもしれませんが、伝え方には注意が必要です。

(3)いつまでも責め続ける

ケンカや言い争いに対して、ずっと夫への怒りがおさまらないことがありますよね。
しかし、終わった話を蒸し返して、LINEで責め続けるのはNGです。

朝にした話を、またLINEで責められるとウンザリするもの。
夫が反省しているのならなおさら、気持ちを切り替えるようにしましょう。

(4)夫家族のこと

夫家族について、不満がでることもあると思います。
しかし、それをLINEで伝えると、ケンカのきっかけを作ってしまうもの。

誰しも自分の家族の愚痴を言われたら、嫌な気持ちになります。
文字では微妙なニュアンスや感情が伝わりにくいので、不満を伝えたいときは会話で伝えるようにしましょう。

イラっとしたままLINEを送るのではなく、一旦冷静になってから送るようにしてみて。
ちょっとした一言で夫を傷つけ、ケンカの原因になることもあります。

LINEでは誤解して伝わることもあるので、大切な話は面と向かって伝えるようにしましょう。

(恋愛jp編集部)