9位:てんびん座

相手によって自分の立ち位置をうまく変えられるのが、てんびん座のあなた。
本人にとってSかMかは、別にたいした問題ではありません。

というのもてんびん座のあなたは器用なので、相手が求めるならSにでもMにでもなれます。
とはいえ、面倒くさいことや疲れることは嫌いです。

8位:うお座

Sの要素はほぼゼロで、どちらかというとドMなうお座のあなた。
そのためSに見られることは、ほとんどありません。

基本的に人間関係を円滑にしたい思いがあって、何に対しても受け身な姿勢をとることが多いでしょう。
相手の要望を叶えてあげることが愛情だと、少し勘違いしている部分もありそうです。

7位:おうし座

本当はSでもMでもないのに、落ち着いたニヒルな笑いでSっぽいと思われている、おうし座のあなた。
おおらかで我慢強い性格なので、Mっぽいといわれてもおかしくありません。

しかし本人はいたってマイペースで、自分の事をMだとは思っていない様子。
SといわれればSでもいいし、Mを求められればMになれるくらいの愛情の深さをもっています。

自分が他人からどんな風に見られているかがわかりましたか?
次はいよいよ、Sに見られるけど実はMっ気が強い4星座の登場です!

(恋愛jp編集部)