(2)スマホをいじりながら子どもの相手

あなたは妻から子守りを頼まれとき、しっかりこなしていますか?
スマホをいじりながら、適当に子どもの相手をしていないでしょうか。

スマホをいじるのと並行しながらの子守りをするので、どうしても注意力は劣ります。
小さい子どもは自由奔放に動き回りますから、目を離さないようにしましょう。

(3)子どもの面倒を一人で見られない

妻だって、ずっと子どもの面倒を見ていると、たまには開放されたくなるものです。
そのため、休日の数時間だけでも、妻に自由な時間をあげると喜んでもらえます。

しかし、子どもの面倒を一人で数時間見られるだけの育児力があなたにありますか?
せっかく妻をラクさせてあげる機会なのに、1時間もたたずに妻を頼っていては情けないですよ。

(4)友達への子育て頑張っているアピール

仕事もあるなか、子育ても頑張っていると思うからこそ、友達にアピールしてしまうのかもしれません。
しかし、夜も寝ないで子育てしている妻の前で、堂々とイクメンアピ―ルをするのは止めた方が◎。

仮にアピールしても、友達がいる手前、妻はグッと言いたいことを堪えてくれるでしょう。
しかし友達が帰ったら、キレられる覚悟はしておいたほうがいいですよ。

見栄ばかり張って育児もまともにできないと、妻は愛想を尽かしてしまいますよ。
「あなたには何も期待しない」なんて思われれば、夫として切ないもの。

せめて妻に頼まれたときには、しっかり子どもの面倒を見て、頼もしい夫でいましょう。

(恋愛jp編集部)