よく目にするものの、読むとなると読めない漢字ありませんか。
簡単な漢字であるがゆえ、なかなかほかの人に聞きづらいことも……。

今回は「反故」の読み方や使い方をご紹介します。

(1)「反故」の読み方

つい「はんご」や「はんこ」と読んでしまいそうな「反故」。
しかし、その読み方は間違っています。

この漢字は「ほご」と読みます。
保護と同じ読み方をするので、これで忘れることはないでしょう。

「反故」は「ほご」以外にも読み方があり、「ほぐ」「ほうぐ」「ほうご」です。
どの読み方でもいいですが、あくまでも「ほご」が基本になります。

(『広辞苑』より)