「中」だけであれば、小学校低学年で習う漢字ですよね。
しかし、送り仮名「る」がプラスされると読み方が一気に難しくなります。

一体、どう読むのか見ていきましょう。

(1)「中る」の読み方

「なかる」と読んでしまいそうな「中る」。
この読み方は、別の漢字でよく聞く読み方と同じものです。

そう、これは「あたる」と読みます。
よく耳にする「当たる」と同じ読み方です。

もし、読み方を忘れてしまったときは「当たる」を思い浮かべるといいでしょう。

(『広辞苑』より)