日本には、地域によってさまざま神話があります。
神話には、難読漢字がズラズラ出てきますが、今回は「八岐大蛇」です。

読み方がわかれば、聞いたことがあるでしょう。

(1)「八岐大蛇」の読み方

「蛇」という漢字があるので、蛇の名前かなと想像がつくでしょう。
しかし、そのまま「へび」と読むと読めなくなってしまいます。

この漢字は「やまたのおろち」と読むのです。
ゲームやアニメ、テレビなどで一度は耳にしたことあるでしょう。

出雲神話に出てくる蛇のような生き物になります。

(『広辞苑』より)