今回紹介する「如く」という難読漢字、「ごとく」以外の読み方なのですが分かるでしょうか。
「ごとく」であればきっと多くの方がわかりますが、それ以外の読み方を知っている人は少ないはず。

この記事でマスターして、サクッと答えられるようにしておきましょう。

(1)ヒントは「無し」とセットで使われます!

「如く」を別の読み方で使用すること自体、非常に珍しい気がしますね。
ヒントとして、別の読み方をする「如く」は「無し」とセットで使われます。

具体的には、「如くは無し」と使われるのですが、読み方は分かりましたか?
「如くは無し」とは「及ぶものがない」や「肩をならべるものがない」という意味です。
(『広辞苑』より)