難読漢字の時間がやってきました。
今回の漢字は「戦ぐ」なのですが、「いくさぐ」や「せんぐ」ではありません。

イメージとは大きくかけ離れた読み方をします。

(1)「戦ぐ」の読み方

荒々しいイメージの「戦」に、送り仮名の「ぐ」の「戦ぐ」。
そのイメージは一旦どこかへ置き、頭をリセットしてください。

この読み方は「そよぐ」と読みます。
かなりソフトなイメージをもつ読み方なのには驚きでしょう。

あの言葉が、この漢字になっています。

(『広辞苑』より)