亭主関白な夫がいると、夫婦なのにまるで上司と部下ような関係性になってしまうようです。
そんな男性と結婚したら、日常はどのように変化するのでしょうか。

そこで、「それってもはや上司と部下じゃ……」聞いて驚く【亭主関白な夫と妻の日常】について詳しくまとめてみました。

(1)自分の非を認めない

亭主関白な夫は、家庭内で支配権を持っていることが多く、家族の意見を聞かない傾向にあります。
そのため、たとえ自分に非があっても決して認めようとしません。

自分の非を認めてしまうと、家族に威張れなくなるからです。
亭主関白な夫がいると、叱られることはあっても喧嘩に発展することはないのかもしれませんね。