ひらがな表記かと思えば、実は漢字で書ける言葉が、日本にはいくつも存在します。
「悄気る」という言葉も、そのうちのひとつ。

読み方に戸惑う方も多いですが、誰もが一度はなったことがある状態を指すので、ぜひ覚えておきましょう!

(1)「悄気る」の読み方

「悄気る」という言葉を目にしたことがある方は多くないでしょう。
ひらがな表記が一般的な上に、書き言葉として用いられることは少ないのです。

ですが、「悄」「気」という漢字をそれぞれ音読みすると、なんとなく読み解けてしまうはず。
正解は「しょげる」と読みます。

「しょげる」という言葉を漢字で表記できるのは意外ですよね。
(『広辞苑』より)