テレビで紹介されるような難読漢字は、日本人でもなかなか目にしないようなものばかり。
そんな漢字をサラリと読めたら、鼻が高いですよね。

そこで今回は、そんな難読漢字のひとつ「糶」をご紹介します。

(1)「糶」の読み方

まず「糶」という漢字を見るのが初めて、という方も多いのではないでしょうか?
画数が多く、一見しただけでは書けなさそうな漢字となっています。

そのため、同じ意味をもつ異なる漢字を活用される場合がほとんど。
「糶」は「せり」と読みます。

読み方と一緒に、意味も調べてみましょう。
(『広辞苑』より)