テレビで紹介されるような難読漢字は、日本人でもなかなか目にしないようなものばかり。
そんな漢字をサラリと読めたら、鼻が高いですよね。

そこで今回は、そんな難読漢字のひとつ「冀う」をご紹介します。

(1)「冀う」の読み方

冒頭でもご紹介した「冀う」という漢字、初めて見たという方も多いのではないでしょうか?
日常的に使用する方もあまり多くないため、馴染みがない言葉と言えるでしょう。

その上、「冀う」は異体字で、異なる漢字で表記されることが多い言葉なのです。
そんな難読漢字を読めたら、尊敬の眼差しで見られちゃうかもしれませんね。

「冀う」は「こいねがう」と読みます。
「希う」「請い願う」と表記することが多いですが、「冀う」とも書き表せる言葉です。

(『広辞苑』より)