テレビで紹介されるような難読漢字は、日本人でもなかなか目にしないようなものばかり。
そんな漢字をサラリと読めたら、鼻が高いですよね。

そこで今回は、そんな難読漢字のひとつ「枳棘」という言葉をご紹介します。

(1)「枳棘」の読み方

冒頭でもご紹介した「枳棘」という言葉、目にしたことがある方はいますか?
実は漢字検定1級で出題されるほどの難読漢字で、意味はもとより読み方にも戸惑う方は多いのです。

「棘」という漢字は見たことがあっても、「枳」という漢字は初めて見るのではないでしょうか?
そのため、スムーズに読めたら知的な印象を与えられるかも。

「枳棘」の読み方は「ききょく」と読むのが正解です。
耳馴染みのない言葉なので、意味も併せて調べてみましょう!
(『広辞苑』より)