昔のドラマやマンガなどで、聞いたり見たことがある「娑婆」。
読み方を知れば、「聞いたことがある!」と思わず口にするでしょう。

なんと読むのか、さっそくみていきましょう。

(1)「娑婆」の読み方

大げさのさの漢字である「娑」に、おばあさんのばである「婆」。
どちらの漢字も見たことはあるものの、二つ並ぶとわからなくなってしまいますね。

「娑」を、そもそも「さ」とは読まないので、「さば」とは読みません。
正解は「しゃば」と読みます。

聞いたことがあるでしょう。
刑務所を出所した人が、「しゃばの空気はいい」という、あのセリフの漢字がこれです。

(『広辞苑』より)