日本には、特殊な読み方をする漢字がいくつもあります。
「木耳」も、そのうちのひとつ。

あの美味しい食材を意味する漢字のため、読める人は多いかもしれません!

(1)「木耳」の読み方

冒頭でご紹介した「木耳」という漢字、読むことはできましたか?
当然ながら、そのまま「きみみ」とは読みません。

ヒントは「耳」の読み方が特殊であるということ。
中華料理などでよく使われている、あの食材です。

正解は「きくらげ」と読みます。
メニューなどにも「木耳」の文字は使われているため、読めたという方は多いのではないでしょうか?
(『広辞苑』より)