「蝉」といえば、真夏の暑い時期を連想しますよね。
しかし、「寒蝉」と表記する生き物が存在することをご存知でしょうか。

今回は、なかなか読めない「寒蝉」の読み方や意味についてご紹介します!

(1)「寒蝉」の読み方

冒頭でご紹介した「寒蝉」、正しく読むことはできましたか?
夏の風物詩であるはずの蝉なのに、「寒いってどういうこと?」と困惑した方も多いのではないでしょうか。

「寒蝉」は、その漢字の通り、セミ科の一種です。
そのまま「かんせみ」と読むこともありますが、ある生き物の名前を表しています。

特徴的な鳴き声がそのまま名前にも付けられ、親しまれている生き物です。
「寒蝉」は「つくつくぼうし」と読みます。

(『広辞苑』より)