(2)やってくれた家事に対してダメ出しをしない

家事をしてもらったときは、正直詰めが甘いところばかりで細かくツッコミを入れたくなりますよね。

ですがそれをやってしまうと、夫は「せっかくやったのに」とやる気をなくすことも……。
ここは一つ、大人になって夫をうまく乗せるつもりで、細かく言わずにお礼を伝えていきましょう。

(3)力仕事をお願いしてめちゃくちゃ褒める

男性はなんだかんだ頼られたり甘えられたりするシチュエーションに弱いもの。
重いものを運ぶときなどは、まず夫をしっかり頼るようにしましょう。

そんなときに「さすが!やっぱり〇〇はカッコイイね」といわれたら、多くの男性は嬉しくなるものです。
褒めて夫をうまく乗せていくと、しっかりさせるきっかけにつながっていきます。

(4)軽いタスクを頼むところから始めてみる

最初のうちはあえてハードルを下げて、子どもにお手伝いを頼むつもりで、軽いタスクを頼むことから始めてみるのもよいでしょう。

自分の脱いだ靴下を脱衣場にもっていってもらうなどの簡単なことです。
手間のかからないことをちょこちょこ頼むことで、夫が家事をすることにハードルの高さを感じないようにする作戦ですね。

ストレスばかり感じて家の中の空気が悪くなるくらいなら、自分自身は大人になって、夫をうまくコントロールしたほうが楽かもしれません。

以上のようなテクを意識して、夫を上手に乗せていきましょう!

(恋愛jp編集部)