ここ数年で話題を集めている「ナイトブラ」。

文字通り、夜の時間に着用するブラのことですが、具体的にどんな役割や効果があるのか、実は完璧に理解している人は少ないのではないでしょうか。

今回は、下着美容研究家、湯浅美和子さんのインタビュー連載第1弾として、ナイトブラの役割について正しい情報をご紹介します。

◆今回取材させていただいたのは…

下着美容研究家・アナウンサー
湯浅美和子(ゆあさみわこ)さん

下着とボディのプロ資格・インティメイトアドバイザー(日本ボディファッション協会)をインナー業界に従事しない立場で初めて取得。下着のおかげで自身のプロポーションが整ったことから、下着の恩恵や知識を広く共有したいと思い、活動を開始。的確で健全な下着選びと神業なるボディメイクは定評があり、大勢の女性をスタイル美人へと導いている。下着の商品開発&監修も数多く担い、インナー業界からの信頼も厚い。「田中みな実×PEACHJOHN ファーストガードルBOOK(講談社)」監修。

》公式ブログ
》Twitter「下着の教科書」
》YouTube「40代の下着のレシピ」
》Instagram

ナイトブラは夜の胸への負担をサポートしてくれる

ナイトブラとは、夜のバストへの負担をサポートしてくれるブラジャーのこと。

バストにかかる負担は、日中と夜で大きな違いがあります。

昼間は立った状態ですが、リラックスしている夜の時間や就寝時は仰向けや横向きの姿勢になるように、生活するなかで、人間の動きに合わせてバストにかかる重力の向きも異なるのです。

そんな夜のバストにかかる負荷に対して、どうアプローチするかを研究して作られているのがナイトブラ。

バストが下垂する秘密は構造にあり!

バストのほとんどは脂肪と乳腺。ふくらみ部分に筋肉はなく、内部組織の「クーパー靭帯」と外側の皮膚が、ともにバストを支えてくれています。


バストを支えるクーパー靭帯は、一度伸びると、二度と元には戻りません。

クーパー靭帯が損傷する最大の要因は、「運動」と「老化」。
デリケートな結合組織のため、日常の些細な動きでもダメージを受ける可能性があります。

さらに年齢とともに老化すると、バストが下垂したり、左右に離れたりする要因にもなります。

ノーブラでの就寝はバストの老化を早めている!?

湯浅さんによれば、バストの旬は19歳頃と言われているのだそう。
悲しいことに、成長期が過ぎて大人のバストが完成すると、すぐにエイジングが始まっていきます。

就寝時も人は動いている分、夜の時間にノーブラでいれば、野放しにしているバストは動き放題。

いくら昼間にブラジャーを着用しても、その分、老化(エイジング)を早めてしまっていることになります。

睡眠時間は1日6~8時間ほど。ノーブラ状態で寝ていれば、1年で2,000時間以上バストを放置してしまっているのと同じ。

長い目でバストのことを考えるなら、なるべく早い年齢からナイトブラを使用することをおすすめします。

ナイトブラは夜のバストを守る美容アイテム!

いかがでしたか?
大事とは知っていても、実際にナイトブラにどんな役割があるのか、知らなかった人も多いはず。

ナイトブラは、夜時間のバストを守ってくれる美容アイテムです。
長い目で美胸を目指していきたい人は、これを機に、ぜひ一度取り入れてみてくださいね!

》ナイトブラについてもっと知りたい人はこちらもチェック!

(恋愛jp編集部)