「ら抜き言葉」とは、本来「ら」が入る言葉に「ら」が入っていないことを指します。

話し言葉でも多い「ら抜き言葉」ですが、会話のようにポンポンやりとりできるLINEでも「ら抜き言葉」を使ってしまう人が急増しているのだとか。
そこで今回は、LINEでよく使われる「ら抜き言葉」を調べてみましょう。

(1)「見れる」

「この画像見れる?」などのように、使用機会が多い「見る」という動詞。
本来は「見られる」が正解です。

中には、「見れれる?」と「れ」を足してしまう方もいるのだとか。
「れ足す言葉」は明らかに間違いですので、こちらも使用しないよう気をつけましょう。