(2)絵文字は最小限

「文字だけのLINEは味気ない」「機嫌が悪いと思われそう」という心配から、絵文字たっぷりのLINEを送るという方もいるでしょう。
しかし、円満家庭を築くカップルのLINEは、絵文字に溢れているわけではありません。

むしろ、絵文字の量は最小限なのです。
信頼関係が築かれているため、絵文字で装飾しなくても「機嫌が悪いと思われるかな?」と不安になることはありません。

(3)簡潔な返事

円満夫婦のLINEは、絵文字が少ないだけでなく、返事も簡潔な傾向があります。
たとえば旦那さんから「今日の帰りは遅くなるよ」とLINEがくれば、奥さんは「OK!気をつけて帰ってね」くらいの短文なのです。

「飲んで帰るの?」「何時に帰る?」「誰と一緒?」と質問攻めにしたり、「せっかくご飯作ったのになんで早く言わないのよ」など、愚痴を言ったりしません。
簡潔な返事ですませば、お互いにストレスにならないため、円満な関係を続けられるのです。

(4)帰る前にLINEで連絡

旦那さんが何時に帰ってくるかわからなくて、イライラすることもあるでしょう。
逆に思ったより帰宅が早いと、「まだご飯の準備ができていないのに」と焦ることもあるものです。

夫婦仲が円満なカップルの旦那さんは、帰る前に「今から帰るよ」とLINEするのが日課という方も多い模様。
帰るコールがあると夕食やお風呂の準備もしやすいので、奥さんは大助かりでしょう。

このような思いやりも、夫婦円満の秘訣なのでしょうね。

円満家庭を築くカップルのLINEを4つ紹介しました。
仲良し夫婦は相手への気遣いを忘れませんが、お互いを信頼しあっているため、LINEの中身は意外と簡潔なようです。

つい愚痴LINEを送ってしまうという方は、参考にしてくださいね。

(恋愛jp編集部)