日常生活でよく登場する「朧」ですが、読み方をご存じでしょうか。
普段はひらがなで目にするも、漢字にするだけで違う印象を与えることもあります。

何と読むのか、さっそく見ていきましょう。

(1)「朧」の読み方

月偏に龍と書く「朧」ですが、漢字だけ見れば「りゅう」と読んでしまいそうですよね。
漢字から連想し、読む場合もありますが、この漢字は「りゅう」とは読みません。

正解は「おぼろ」と読みます。
聞いたことがある方もいるでしょう。

口にはするものの、漢字ではこう書きますよ。
(『広辞苑』より)