おとな以外の読み方をする「大人」ですが、ご存じでしょうか。
これを知っているとなると、もう博士を超え漢字の神さまのような存在に。

ヒントは、ある動物と同じ読み方をします。

(1)ほかにもあるの!?「大人」の読み方

「おとな」、もしくは「たいじん」と読む「大人」。
これらは一般化しているため、この読み方で読めない方はまずいないでしょう。

しかし、二文字でも読むことができますよ。
ヒントを出していますが、“モー”となくあの動物と同じです。

「大人」と書いて、「うし」と読みます。
漢字からは想像できないので、知っていた方はすばらしすぎるということです。
(『広辞苑』より)