LINEが苦手な人は意外にも多く、そんな人は普段の何気ないやり取りにも苦手意識を感じているようです。
LINEが苦手な人にしかわからない気持ちはさまざまあるようです。

そこで、「既読がついた瞬間ドキッとする!?」共感が止まらない“LINE苦手あるある”を4つご紹介します。

(1)返信が早いとプレッシャーを感じる

LINEが苦手な人は相手からの返信が早いとプレッシャーを感じるようです。

返信が早すぎると、自分もそれに合わせて早く返信しなければいけないと思ってしまい、急かされているような気持ちになるという意見も。

LINEは返信が早いほうがやり取りがスムーズですが、それが苦手という人もいるんですね。
返信のペースは人それぞれなのでプレッシャーに感じる必要はないと言えるでしょう。