実は闇を持っている星座をランキング形式でご紹介していきます。
ここではまず7位〜12位をみていきますので、ぜひチェックしてみてください。

12位 みずがめ座

普段からあまり裏表がないため、ポジティブなこともネガティブなことも、全てさらけ出すことが多いみずがめ座。

そのため、よけいな闇を抱えることは少なそうです。
怒りや悲しみなどの感情をもったとしても、一度発散すると綺麗さっぱり忘れることができ、いつまでも根にもたないことも理由の一つでしょう。

11位 いて座

見た目にはあっけらかんとしていて、常に積極的でポジティブに見えますが、意外にも物事をしっかりと深く考えている、いて座の人。

考えるといっても、いつまでもくよくよと悩んだり、ネガティブな思考が増幅したりすることはなさそうです。

あくまでも論理的に考えて客観的な答えを導き出そうとする冷静さがあるので、闇に飲まれることは少ないでしょう。

10位 しし座

陽気で明るく、情熱的なイメージのあるしし座ですが、やはりそれはイメージ通りで闇を抱えることはあまりなさそうです。

恋愛の嫉妬などで一時的に闇をもつことはあっても、最後には情熱が闇を上回るでしょう。
基本的にプライドが高い一面があるので、抱いてしまった闇を払拭する努力もきちんとできる、前向きな人が多いようです。